癌症治疗过后建议疗养办法

--中日双语介绍

癌症治疗后不适应症缓解

がん治療の後、手や足にむくみが現れることがあります。手術に伴いリンパ節をとった場合や放射線治療でリンパ節やリンパ管が傷ついた場合に、リンパ液の流れが悪くなり、手や足にリンパ液がたまったまま「むくみ」や「腫れ」が起こります。

接受癌症治疗后,手足会出现浮肿现象。伴随手术中的淋巴节切除或放疗过程中对淋巴节和淋巴管的伤害,淋巴液变得流动不畅,并积攒在手足上,造成水肿或浮肿。。

癌症后淋巴肿大是非常常见的并发症,对患者有很大的身体和身体负担

これを「リンパ浮腫」といいます。例えば、乳がんや子宮がん、前立腺がん等では治療に伴いリンパ節を取り除いたり、放射線治療を行うことが多く、長期間の観察では、乳がん・子宮がんの手術後50%前後リンパ浮腫が発症するといわれ、どのような治療法を選ぶかによっても発症率に差があるようです。日本で10~12万人の患者さんがいるといわれています

这种症状被称作“淋巴浮肿”。比如,乳腺癌,子宫癌,前列腺癌等的治疗过程中,都会涉及到淋巴节的切除,以及放射线治疗。经过长期观察,乳癌,子宫癌手术后,有50%左右的几率会发生淋巴浮肿。跟据选择疗法的不同,淋巴浮肿的发病率也会有所不同。据说在日本有10~12万人左右的癌症患者会出现淋巴浮肿。

リンパ浮腫は徐々に進行する慢性の病気です。放置すると感染症を含むさまざまな合併症を起こします。また、進行すると患者さんの外見や体形の見た目も悪くなり、外出を避けるようになることから精神面でも悪影響を及ぼします。

淋巴浮肿是缓慢发展的一种慢性病。放任不管可能会引起包括感染在内的各种并发症。其次,如果更进一步发展,患者的外形容姿也会出现劣化,从而迫使患者减少外出活动。如此以来,患者心理上也会受到负面影响的波及。

リンパ浮腫はがんの治療を終えてすぐに発症することもありますし、3年経過して、あるいは10年以上経過して発症することもあります。したがって、がんの治療に伴いリンパ節を取り除いたり、放射線治療を行った場合には、その直後からリンパ浮腫の発症にそなえて次のようなケアを開始することが必要になります。リンパ浮腫は完全に治すことはできませんが、適切にケアをすることで管理し、悪化を防ぐことができます。

淋巴浮肿既有在癌症治疗结束后立即发作的,也有经过3年甚至是10年以上才发作的。因此,在伴随癌症治疗的淋巴切除,放疗的时候,针对淋巴浮肿的发病可能,有必要进行一些保养措施。淋巴浮肿虽不能完全治愈,通过切实的保养,可以有效的防止恶化。

全身淋巴分布

(リンパ浮腫の重症度分類)。リンパ浮腫の重症度は通常次の4つに分類されます。

(淋巴浮肿的重症程度分类)。 淋巴浮肿的重症程度通常分为以下四类。

0期 まだ浮腫は見られず、精密な検査を行うと異常が確認される。

1期 手や足にやや腫れが生じ、浮腫が感じられる。浮腫の部分を押すとくぼみが生じ、浮腫のある手足を高く上げると一時的に浮腫が改善する。浮腫のある手足の周辺の長さの増大率は20%以下。

2期 はっきりと手や足に腫れが生じ大きくなる。浮腫の部分は繊維化し硬くなり、押してもくぼみができない。浮腫のある手足を上げても浮腫は改善しない。浮腫のある手足の周辺の増大率は20~50%。

3期 手足の皮膚が象のよう(象皮病)になる。浮腫の部分を押してもくぼみはできない浮腫のある手足の周辺の増大率は40%以上。

4期手足の皮膚が象のよう(象皮病)になる。浮腫の部分を押してもくぼみはできない。浮腫のある手足の周辺の増大率は40%以上。

0期还未见浮肿,通过精密检查确认异常。

1期 手或脚上微微有些肿胀,并且感觉到浮肿。按压浮肿位,有凹陷。抬高有浮肿的手足,浮肿会有暂时的改善。有浮肿的手足周长的增大率在20%以下。

2期 手脚上的肿胀明显增大。浮肿部分纤维化,变硬,按压也不会有凹陷。抬高患有浮肿的手足,浮肿也没有改善。患有浮肿的手足周长增大率为20~50%。

3期 手足的皮肤演变为象皮病,按压浮肿的部分也没有凹陷。有浮肿的手足周长增大率为40%以上。

4期手足皮肤演变为象皮病。按压浮肿部分也没有凹陷。有浮肿的手足周长增大率为40%以上。

(予防・治療) リンパ浮腫の治療法は、複合的理学療法(Complex decongestive physical therapy:CDP,Combined phsical therapy:CPT)、または複合的疎泄理学療法(Decongestive lymphatictherapy:DLP)等の名称で呼ばれ、次の4つの基本的な治療に分かれます。

(预防・治疗) 淋巴浮肿的治疗法,被称为复合理学疗法(Complex decongestive physical therapy:CDP,Combined phsical therapy:CPT),或者复合疏泄理学疗法(Decongestive lymphatictherapy:DLP)等称呼,分为以下四个基本治疗法。

1. スキンケア リンパ浮腫の現れた手足ではリンパ液の流れが悪くなり感染や炎症を起こしやすくなります。そのため、皮膚を清潔に保つ、ローションなどを使用する、日焼けをしないといったいわゆるスキンケアに加え、重いバッグをひじや肩にかけない、長時間正座をしないといったリンパ液の流れを悪くしない配慮も必要になります。

1.皮肤护理,出现淋巴浮肿的手足会因淋巴液流动受阻,而引起感染或炎症。因此,需要勤加保持皮肤清洁,使用护理液,避免日晒。不要背过重的背包,不要久坐,时刻注意维护淋巴液的正常流动。

2.医療用リンパドレナージ(Manual Lymph Drainage:MLD)基本はリンパ浮腫のある手や足を心臓より高くあげることですが、さらに手足から体の方へ向けてマッサージを行うことで、手足にたまっていたリンパ液を胴体に戻します。まず、MLDを行ってよいかどうか、皮膚の状態や他の病気の有無を診察したうえで実施すること、必ずMLDのトレーニングを受けた専門家による治療を受けることが重要です。肩こりや腰痛の際に行うマッサージとは全く別物です。いきなり自己流でやると症状を悪化させることがあります。最初は必ず専門家による治療を受け、その後自分でも行える「セルフマッサージ」の指導を受けることをお勧めします。

按摩疗法为主要手段

2.医疗用淋巴按摩(Manual Lymph Drainage:MLD)一般是让患者将有淋巴浮肿的手足抬举过高于心脏的高度,然后在从手足的末端向身体的方向实施推拿按摩。这样可以让积攒在手足部位的淋巴液回到身体里。首先,使用医疗淋巴按摩到底好不好,是根据诊察皮肤的状态和其它疾病的有无实施的。一定是要接受过淋巴按摩专门训练的专家来进行治疗。这于腰肩酸痛时实施的按摩是完全不同的。自己想当然的随便乱按一通反而会使症状恶化。刚开始一定要由专家诊治,然后再接受自助按摩指导,接下来就可以自行按摩了。

3.圧迫療法,圧迫療法は、MLD(医療用リンパドレナージ)でむくみや腫れの改善した状態を保つことを目的とします。弾性包帯とよばれる、しめつける力の強い包帯を浮腫のある手や足に巻いたり、しめつける力の強いストッキング、スリーブ(腕や足の一部をカバーする着衣)、グローブ等の弾性着衣でリンパ液の流れを改善します。こうした弾性包帯や着衣を起きて活動している間はずっとつけたままで治療します。

3.压迫疗法,压迫疗法是MLD(医用淋巴按摩)改善肿胀,浮肿状态之后,保持按摩效果的一种疗法。 用被称作弹性绷带的一种束缚能力较强的绷带缠绕有浮肿的手足部位,或者用束身能力强的丝袜,袖套服,手套等具有弹性的衣服改善淋巴液流动。 通过这些弹性衣物辅助,持续治疗。

图为日本护士学校压迫疗法教授

4.圧迫した上での運動 弾性包帯や弾性着衣をつけたうえで手や足を動かしたり、ストレッチ、あるいは水中歩行などの軽い運動をすることでリンパ液の流れを改善します。ウォーキングやジョギング等一般の軽い運動とは異なります。自己流でやらず、必ず、専門家のアドバイスを受けて行ってください。以上の治療中に痛みを生じた場合、それが解消されるまですべての治療を中止することが必要です。その他、空気式圧迫療法、浮腫部分の外科手術による切除、体内の水分を減らす利尿剤の服用、漢方薬の服用等があります。

4.压迫后的运动,装备弹性绷带或弹性衣物活动手脚,肌肉拉伸运动,或水中不行等轻型运动改善淋巴液流动。和散步和慢跑等一般轻型运动不同。切记不要自己盲目而为,必须接受专家的建议进行。以上的治疗中产生疼痛感,在疼痛感消失之前请中指治疗行为。另外,还有空气式压迫疗法,浮肿部分外科手术切除,服用减少体内水分的利尿剂,汉方药等。

米国リンパ浮腫ネットワーク(National Lymphedema Network)では、空気式圧迫療法や薬・サプリメントの服用はそれ単独では用いるべきではなく、必ず上記4つの基本的な治療と併せて検討するよう推奨しています。また、外科手術については、浮腫部分を切除してもリンパ浮腫が治るわけではないのでリスクとメリットを十分考慮のうえ実施すべきとしています。

据美国淋巴浮肿网络(National Lymphedema Network)推荐,不要只单独使用空气式压迫疗法,药物,营养剂服用的任中一个。推荐跟上述四种基本治疗配合探讨。此外,就算利用外科手术切除淋巴浮肿,也是治标不治本。应该在充分考虑风险和益处之后再实施。

なお、最近は顕微鏡を使ってリンパ管と静脈をつなぎ、リンパ液を静脈に流すことで浮腫を改善する治療(「顕微鏡下リンパ管細静脈吻合術」といいます)が拡がり始めています。既に全国の大学病院の形成外科を中心に多くの施設でこの治療を実施しています。但し、この治療法もすべての患者さんに効果があるわけではありません。手術後も上記4つの基本治療を続ける必要がありますのでご注意ください。

另外,最近使用显微镜将淋巴管与静脉连接,通过把淋巴液导入静脉改善浮肿的治疗(显微镜下淋巴管细静脉吻合术)目前正开始推广开来。现在以全国大学医院形成外科为中心的多个设施都开展了这项治疗。但是,这项治疗并非对所以患者都有效果。手术后还是要注意持续上述的四种基本疗法。

最後に、先に挙げた米国リンパ浮腫ネットワークでは、リンパ浮腫の患者さんは飛行機を使って移動する場合、必ず圧迫療法で使用する包帯や着衣を身に着けるよう推奨しています。(リンパ浮腫の治療施設)くり返しになりますが、リンパ浮腫の予防は、症状が出た後からではなく、手術の直後から考えておく必要があります。

最后,据一开始列举的美国淋巴浮肿网络推荐,淋巴浮肿患者在乘坐飞机的时候,一定要用压迫疗法中使用的绷带和束衣将身体裹紧。(淋巴浮肿的治疗设施)再次重申,淋巴浮肿的预防并非在症状出现之后。

大可国际医疗微信公众号文章

  • 大可国际医疗集团带您了解日本精密体检

    了解更多
  • 拿钱买不到的日本签证,大可国际医疗集团帮您解决

    了解更多